AGAとは一体何か

AGAというのは男性型脱毛症という病気であり、主に成人男性にみられてしまう脱毛症となっています。
多くの男性が抜け毛だったり薄毛で悩んでいるのですが、その大半がAGAともいわれていますので、日常的に意識しなければならない病気といえるでしょう。
そしてAGAというのは男性だけではありません。
実は女性にも起こりえる病気となっていますので気をつけなければなりません。
女性は男性のような局部的に脱毛を発症していくということがほとんどありませんが、全体的な薄毛となっていきます。
しかしAGAでは薄毛となっていってもうぶ毛が残ることが多いため、毛包が常に存在している以上は、髪の毛が太くそして長く育っていく可能性を秘めているので、安心して医師に相談をしていくようにしてください。


AGAによって発毛の成長をストップさせてしまっていますので、早い段階でAGAの治療を進めることが必要になっていきます。
もしも遅れてしまうと、もう手遅れということもありますので、気づく前から治療を進めていくのもいいでしょう。
色々な育毛剤だったり発毛剤を活用しても、AGAに効果が発揮されないこともあります。
こうなってしまった時には近くの専門医などにも相談をするようにするといいでしょう。


通常人間は、生えてくる髪の毛が2年から6年程度は維持されていくものなのです。
しかし男性ホルモンなどの影響によって脱毛を進めてしまうことがあります。
年齢も中高年だけではありませんので、若いうちから成長を止めないように気をつけなければなりません。



◇特選サイト
電話やメールによるAGAの相談を受け付けています ・・・ AGA 相談

Copyright © 2014 AGAと年齢の関連性 All Rights Reserved.